静岡新東名の煽り運転者の名前!処分は免停で逮捕?車種はフィット!

 

静岡の新東名高速道路で煽り運転を繰り返した上に、車を強引に停止させて物を投げつける男性の映像がSNSにより広まっています。

しかも1回のみならず、2回も同様のことを繰り返しています。

現在のところ判明しているのは2回ですが、以前から繰り返している可能性がありますね。

犯人は20代と見られる若い男性ですが、ネット上で名前が特定されています。

また、処分は免停もしくは逮捕になるのでしょうか?

静岡新東名煽り運転の概要&証拠動画

8/4(土)に撮影された2件の動画がこちらです。

静岡県内の新東名高速道路にて、10分近く煽り運転をされたあとトンネル内にて車を停止させ、ドアをこじ開けようとしたあげくたばこをフロントガラスに投げつけています。

車種はフィットで、ナンバーは1000です。

高速道路で停車するという行為自体が非常に危ないです。

ましてやトンネル内ですから、追突事故につながる可能性があります。

撮影されている被害者の方が事故に合わなくて本当によかったです。

そして、証拠動画をとっさに撮影されていた判断力が素晴らしいですね。

自分だったら焦ってしまって何もできていないと思います(^_^;)

もう1件の動画がドライブレコーダーで撮影されたこちらです。同日8/4の撮影となります。

車線を不必要に変更して進路を妨げたあげく、停止して文句を言いにきました。

左側から通りかかった方が助けにきてくださり、事態がようやく収束しています。

2件とも非常に悪意のある行為であるということが分かります。

静岡新東名煽り運転の犯人の名前は?

Twitter上で犯人の名前は「鈴木敦」と噂されています。

職業は無職で地元では有名な人のようです。

テレビでは顔にモザイクかけて報道されていますが、成人なわけですし名前と顔は出していいのではないでしょうか。

煽り運転の処分は免停?それとも逮捕?

煽り運転を行なった場合の処分はどうなるのか気になるところです。

2018年3月には40代男性が執拗な煽り運転を行なったうえに、なたやのこぎりで威迫したとして30日間の免許停止処分になっています。

なたやのこぎりで脅迫とは今回の件よりもさらにひどい行いですが、免停はたった30日間だけということで驚きました。

2018年7月には中村精寛(あきひろ)容疑者(40歳)が、煽り運転を行なったあげくバイクに追突し、バイク運転者を死亡させた事故で、故意に追突したとして逮捕されています。

今回の件は警察にて”調査中”ということで処分がどうなるのかはまだ決定していません。

免停処分になる可能性が高いのではないでしょうか。

免停ではなく免許取消にすべきではないかと個人的には思います。

まとめ

静岡の新東名高速道路にて煽り運転をした犯人の名前や処分についてお届けしました。

名前は「鈴木敦」である可能性が濃厚です。

処分は未決定ですが、過去の事例から考えると免停になる可能性が高いです。

煽り運転の被害にあった際にはこのように証拠動画を撮影するなどの冷静な対処をするようにしたいですね!