ペルセウス座流星群2018は東京(都内)で見れる?おすすめスポット!

 

ペルセウス座流星群の季節が今年もやってきました!

今年は8/12〜13にかけてがピークとなります。お盆の時期ですので、家族や友人と集まってゆっくり流星群を見たい!という方は多いのではないでしょうか?

都内で見ることができるのか?と気になる方は多いのではないでしょうか?特に23区内であまり遠出せずに見ることができたら最高ですよね!

ペルセウス座流星群2018を東京(都内)で見ることができるおすすめスポットをご紹介します。

ペルセウス座流星群のピーク時期&時間帯

ペルセウス座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」12月の「ふたご座流星群」とともに三大流星群と呼ばれています。

他の2つは真冬なので夜遅くに野外で観察するのはかなり過酷ですが、ペルセウス座流星群は夏の夜なので観測しやすいです。夏の夜空に流星群を眺めるってロマンチックでいいですよね!

そして、毎年ペルセウス座流星群はピークがお盆の時期に重なるため、家族や友人と一緒に見やすいですね!

2018年は8月7日(火)〜15日(水)が観測しやすい時期ですが、その中でもピークは8月12日(日)21時頃〜13日(月)未明となります。

特に13日未明が1番の見頃となりますが、深夜に観測するのは難しい方も多いと思いますので、12日夜に出かけるのがおすすめです♪

ペルセウス座流星群2018は東京(都内)で観測できるのか?

天体観測は明かりの少ない場所で見るのが基本です。ビルや繁華街の明かりがある都心では、夜空を見上げても残念ながら観測するのは非常に困難です。

高い建物が周囲にない、かつ、明かりの少ない場所が最適です!

そりゃあそうだけど、そんな場所都内だとなかなかないんじゃない?と思われるかもしれません。でも意外とあるんですよ!

【世田谷区】砧公園

世田谷区のど真ん中にありますが、芝生が広がっており周りに高い建物がないため星空観察に向いています。ただ、都心に近く空はそこまで暗くならないため、天気が良くないと見辛い可能性があります。

■アクセス

東急田園都市線・用賀駅から徒歩20分 または 東急コーチ行きバスの「美術館」で下車

 

【練馬区】石神井公園

池袋から20分ほどで行くことができる石神井公園もおすすめです。大きい池が2つあり広大な敷地の公園です。

■アクセス

西武池袋線・石神井公園駅から徒歩7分

【府中市】武蔵野森公園

昔この近くに住んでいたのですが、広大な芝生が広がっており周りも閑静な住宅街なのでとても心が落ち着きます!都心からも離れているので星空が綺麗に観察できますよ。

■アクセス

西武多磨駅・徒歩5分 または 京王線西調布駅徒歩15分

 

ペルセウス座流星群の方角は?

方角は決まっていません。流星群は火星や月とは違い、夜空一面を駆け巡るように流れていきます。

一方向だけを眺めるのではなく、地面に寝転んで真上を見渡すのが1番見つけやすいですよ♪

まとめ

ペルセウス座流星群を観測しやすい都内のスポットは「砧公園」「石神井公園」「武蔵野森公園」です。特に武蔵野森公園は都心から離れており、芝生が広がっているので快適に観察しやすくおすすめです!

ぜひ大切な人とロマンチックな夏の思い出を作りましょう^^