大阪桐蔭・藤原恭大がイケメンで筋肉がすごい!兄はPL学園野球部!

 

大阪桐蔭の黄金世代がついに最後の夏を迎えました!昨年の2年生のときから先輩を押しのけてスタメンの座を獲得していたメンツがずらり。その中のひとりが藤原恭大選手です。

走攻守三拍子揃った藤原恭大は阪神ドラフト1位最有力とも言われています。そんな野球の実力はもちろんですが、イケメンでかっこいいとネットで話題に。そして筋肉が高校生とは思えないほどすごいんです。そして似ているお兄さんはPL学園野球部卒なんですよ。

大阪桐蔭・藤原恭大プロフィール

笑顔がイケメンで爽やか!藤原恭大選手のプロフィールをご紹介します。

名前:藤原恭大(ふじわら きょうた)

生年月日:2000年5月6日(18歳)

身長:181cm

体重:80kg

ポジション:外野手

投打:左投げ左打ち

学校:原田小学校〜豊中第五中学校〜大阪桐蔭高校

2000年に藤原家の次男として生まれ、野球をしていたお兄さんに憧れて6歳で野球を始めます。お兄さんも野球がうまく、名門PL学園の野球部でした!後ほど詳しくお届けします。

小学生の時は「園和北フレンズ」に所属して軟式野球をしていました。小学校を卒業すると、プロ野球選手を多く輩出している大阪の名門クラブチーム「牧方ボーイズ」に加入。牧方ボーイズ出身のプロ野球選手は、中谷翼選手(広島カープ)、国吉佑樹選手(横浜DeNA)、山足達也選手(オリックス)、松尾大河選手(横浜DeNA)、九鬼隆平(ソフトバンク)などがいます。

藤原選手の中学時代の完璧なホームラン動画はこちらです。体格もがっちりしており中学生には見えません(・_・;)

中学の頃はピッチャーもしていました。さすが強肩の持ち主です。

そして、大阪桐蔭に進学すると1年生夏から下位打線ではありますがスタメンの座を掴みます。大阪桐蔭の最強メンバーの中で先輩を押しのけてスタメン入りとは相当当時から期待されていたんでしょうね!

2年生のときは春夏甲子園に出場し、春の大会では2本ホームランを打っています。U18代表にも選ばれ、ランニング本塁打を打つなど活躍しました。ランニング本塁打を打てるほど足が速い藤原選手は50m 5.7秒で一塁到達タイムは4.1秒!遠投100m以上投げる強肩の持ち主でもあり、外野手の守りも完璧な走攻守ピカイチの選手です。

藤原選手から「しんどい」という言葉が出たことはないそうで、自他ともに認める負けず嫌いな性格。どんな時も前向きに努力できるからこそ、今の姿があるのでしょうね!

 

大阪桐蔭・藤原恭大がイケメンで筋肉がすごい【画像】

藤原選手は野球が上手いのはもちろんイケメンなところがずるいですよね〜(笑)イケメンなだけではなく筋肉がすごすぎるとネットで話題になっています。

真っ黒に焼けていてこのムキムキな筋肉はかっこよすぎますね!過去のインタビューでは「バッティングも腕相撲もパワーには自身があります」と語り、入部以来他の部員に腕相撲で負けたことはないそうです。これぞ日々の努力の賜物ですね。

大阪桐蔭・藤原恭大の兄はPL学園野球部

藤原選手のお兄さんの海成さんも野球が上手く、名門のPL学園の野球部を卒業しています。

元々はお兄さんの後を追ってPL学園を目指し、二人で甲子園に出ることが夢だったようですが、PL学園が新規部員募集を停止したことでその夢は叶わぬものとなってしまいました。お兄さんは最後の夏にレギュラーだったものの残念ながらPL学園は初戦敗退。

藤原選手にはお兄さんの分まで最後の甲子園で活躍してほしいですね!現在は大阪経済法科大学で野球を続けているお兄さんですが「弟は走攻守の三拍子がそろったスター選手」と藤原選手を褒めています。きっと今年も弟の晴れ舞台を観に来るでしょうね♪

大阪桐蔭・根尾は性格良くてかっこいい!偏差値70超で完璧すぎる!

まとめ

大阪桐蔭の藤原恭大選手のプロフィールや、イケメン&筋肉がすごい画像をお届けしました。努力家で負けず嫌いだからこそ、今の姿があるんだなと感心しました。甲子園の夢が叶わなかったお兄さんの分まで活躍してほしいです!