義母と娘のブルース・浅利陽介の顔の傷の理由。濱田岳と似てるが共演は?

\義母と娘のブルース原作漫画はこちら/

 

2018夏ドラマ「義母と娘のブルース」が7/10より始まります!

綾瀬はるかさん主演で竹野内豊さん・佐藤健さん・浅利陽介さんが脇を固める豪華キャストで、放送前から注目が集まっています。綾瀬はるかさん演じる亜希子はバリバリのキャリアウーマンで営業部長。亜希子を慕う部下の田口役として登場するのが、浅利陽介である。

今回は、浅利陽介さんの顔に傷がある理由と、似ていると言われている濱田岳さんとの共演作品はあるのか?についてお届けします!

義母と娘のブルース・浅利陽介の顔の傷の理由はなぜ?

ドラマ「義母と娘のブルース」で主人公亜希子を慕う部下の田口役を演じているのは浅利陽介さんです。まずはプロフィールを簡単にご紹介します。

名前:浅利陽介(あさり ようすけ)

生年月日:1987/8/14

出身地:東京都

趣味:映画鑑賞、カバディ、ベース、スポーツ全般

特技:乗馬、野球、スキー、バスケットボール

所属事務所:ビーコン・ラボエンターテイメント

子役時代から様々なドラマや映画に出演されている浅利陽介さんですが、アップになると分かるのが頰にある傷が話題になっています。

ぼこぼこっとした傷跡が分かりますよね。片側だけでなく両側にあります。この傷跡の原因はいったい何なのでしょうか?!

自然に考えられるのは「生まれつき」か「水疱瘡の跡」ですが、一説では犬に噛まれたという話もあります。ですが、こちらはどこにも根拠はなくただの噂です。

子役の頃から様々なドラマに出演している浅利陽介さんですが、井上真央さんと共演した「キッズウォー3」は記憶にある方が多いのではないでしょうか?!そのときの子役時代の写真を確認してみました、こちらです。

13歳のときなのですが、すでに顔に傷がありますね。さらに幼い頃(8歳)の出演作品「超力戦隊オーレンジャー」時代の写真を見てみると・・・

傷がない!!ということで、生まれつきではなく、おそらく水疱瘡の跡である可能性が高いです。そんなに目立つ傷ではないですし、チャームポイントになっていいですよね。

濱田岳とそっくりで似ていると話題。共演作品は?

浅利陽介さんといえば、濱田岳さんとそっくりで激似ということで有名です。

濱田岳さんは1988年生まれですので、浅利陽介さんより1歳年下の同世代。1998年のドラマ「ひとりぼっとの君に」で子役デビューを果たし、その後「3年B組金八先生」などにも出演しています。同世代で子役時代から活躍という共通点がありますね。

兄弟・もしくは双子なのか?という噂もありますが、違います!いや、でもたしかに兄弟なのかと思ってしまうほど似てると思います。柔らかい優しい感じの表情がそっくりですもの。

そんなそっくりのお二人は共演したことがあるのか?と気になり、調べてみたところ、2010年の「コードブルー第2シーズン」に二人とも出演されていました!浅利陽介さんは第1シーズンから主要キャストで出演。濱田岳さんはゲストキャストとして第3話に出演されていました。

ただ、残念なことに役柄的にお二人がドラマの中で絡むことはなく、二人が同時に画面に映ることはありませんでした。今後共演する機会があることを期待です!

まとめ

この記事では、浅利陽介さんの顔の傷の理由と、似ていると噂の濱田岳さんとの共演作品についてお届けしました。2018年夏ドラマ「義母と娘のブルース」に主演綾瀬はるかさん演じる亜希子の部下役として出演される浅利陽介さん。ドラマの中で、綾瀬はるかさんとどんな絡みがあるのか気になりますね!

このブログでは「義母と娘のブルース」のネタバレ&感想記事も随時更新していきますのでぜひチェックしてみてください。

※本ページの情報は2018年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。