雨宮塔子が劣化で顔が変わった?ニュース23と若い頃の画像を比較!

 

1999年にTBSを退社した雨宮塔子アナですが、2016年からフリーアナウンサーとしてTBSのNEWS23のメインキャスターを務めていますね!

今も40代とは思えないほどとても美しいですが、一方で「劣化した」「顔が変わった」という声もちらほら。

本当に顔が変わったのか、現在NEWS23の画像と、若い頃の画像を比較してみたいと思います。

雨宮塔子の複雑な経歴

驚きですが、雨宮塔子さんは今年48歳になります!

  • 1970年:12月28日生まれ
  • 1993年:TBS入社
  • 1999年:TBS退社
  • 1999年:絵画の勉強をするためにパリに留学
  • 2002年:パリで結婚
  • 2003年:長女出産
  • 2005年:長男出産
  • 2015年:離婚

引用:mamari

フランス留学中に、パティシエ・青木定治さんと出会って交際6ヶ月でスピード結婚。結婚から13年経った2015年に離婚しています。

離婚理由は「①旦那の不倫 」「②雨宮塔子の浪費グセ」の二つだったと言われています。

青木定治さんは離婚後わずか5ヶ月で再婚をしており、再婚女性のFacebookには「長らくお待たせしました!結婚しまーす」と友人に報告投稿がありました。

福岡の老舗デパートの広報を10年以上務めていた30代後半の美人。

青木塔子さんとの離婚前から2人の関係はあったのでしょう。

また、雨宮塔子さんはパリでのセレブ生活をエッセイとして出版もしていますが、かなりの贅沢生活を送っていたことがわかります。

・子供を他人に任せて友人とオペラ鑑賞・日帰り旅行・旦那は放って女友達と飲み明かす

・高級デパートで食材を調達して500mlで5000円を超える高級オリーブにはまる

浪費グセが激しいことに青木さんが愛想をつかして不倫に走ってしまったようです。

そして、お子さん2人の親権は双方が持っており、現在パリで旦那さんと再婚相手のもとで生活をしています。

雨宮塔子さんだけ日本に帰って仕事をすることは、お子さんも後押ししてくれたようです^^

そして、雨宮塔子さんにはフランスに事実婚状態の彼氏がいるということで、日本とは違ってオープンに自由に恋愛できる文化が素敵だなあと思います。

 

雨宮塔子が劣化で顔が変わった?若い頃の画像と比較

NEWS23のキャスターを務める最近の雨宮塔子アナの姿はこちらです。

今年48歳には見えない美貌ですが、昔の印象からすると老けた感じがしてしまいますね。

若い頃の写真はこちらです。

さすが若いだけあって肌ツヤがいいです!

現在は痩せて頬がこけているようにも見えますね。

旦那の不倫・離婚などを経験して苦労されたのが顔に出ているのかなぁと思います。

でもネット上では「昔と変わらない」という声も多くあるんですよ!

中高生の子供を持つ二児の母には見えないですよね!

きっとお子さんからすると自慢の母親なんだろうなあと思います。

まとめ

雨宮塔子アナが劣化して顔が変わった疑惑についてお届けしました。

結論、若い頃と比べると老けたものの40代後半には見えない美人であることには変わりありません。

これからもNEWS23でのご活躍を応援しています!